※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

twitterとミリブロ記事が連携してます
(http://twitter.com/@AsukaSewingKA)

2007年11月14日

AKM


トイガン業界AK関係は、東京マルイのAK74M(N)発表と、大陸製の安価なAKキットの
流入によってちょっと混乱しているようです。

また、大陸メーカーのゴタゴタも続いているようですし(-ω-





今までのAK外装キットの場合、クラシックのAK47から一足飛びにAK74系やAK100系に
組み変えるものが多かったです。が、実銃の世界でのAKと言えば、やっぱりメジャーはAKMと
その派生。民兵・傭兵が好きな私も、AKM系は一丁欲しいところです。

なんの話かというと、マルイAK74シリーズがスタートすると海外メーカーのキットもそちらを
ベースとしたものに移行して、AKM系は今後いっそう発売されにくくなるんじゃないの?という
事です。AKとしては一番メジャーなのに、トイガンとしてはマイナーとは不遇です。

AK74の場合、マルイ新AK74ベースでフルスチールキットは全交換でしょうが、アルミや
ジンクキットメインのメーカーの場合、ノーマルパーツをかなり流用して比較的リアルな
74系の派生が作れそうです。これはこれで良い所(^^



大陸製の安価フルキットの登場はユーザーには嬉しい事ですが、それによってそのキットの
「コピー元」である大陸メーカーがしぼんでしまっては文字通り元も子もありません。

ですが大陸ディーラーはあまりそういう事は考えて無さそうですね・・・。大丈夫でしょうか。

安価フルキットでAKMが出れば、流行のPMCカスタムやロシア以外のAKMクローンへの
流用ベースとしてもオモシロそうではありますが。


個人的にはVFCが現行クオリティと値段帯でAKMを作ってくれれば満足なんです。でも
VFCは基本的に5.45mmですし、海外ホビーショウのAIMSの噂もディーラー方面からは
全然流れてきません。AKに愛想尽かして、SCARやモダンライフル系に行っちゃうのかな?(T_T  

Posted by 明日香太郎 at 18:11Gun