※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

twitterとミリブロ記事が連携してます
(http://twitter.com/@AsukaSewingKA)

2007年12月09日

タクティカルベスト思案


そろそろ集約装具を作ろうと思い、チェストリグあたりが構成や製作は比較的簡単
だったのですが、ロシア・東欧風と言うとやっぱり「ベスト」だな!ということで、とりあえず
手持ちのもので使い勝手を今一度試してみました。

今日はチーム活動もあって、交友チームのサバイバルゲーム会に参加しました。
広域長時間戦があり、装具の使い勝手を試すには丁度良いゲームでした。

今回の思案は、すべて「ゲーム用のベスト」に関するアレコレです。
自衛隊さんなんかにはそれに合わせた改造なんかをしますが、私はゲーマーなので
私自身が使い易いってのを求めます。
訓練・実践(実戦)・ホビーとそれぞれ求められるものは違うでしょうし。



EAGLEのTAC-V1-Nベストに同社フィールドパックと、手製のベルトキットにダブルとシングル
のマガジンポーチ、あと拳銃用ホルスターです。

画像以外では、ブルガリア製の4本入るAK用マガジンポーチを別のピストルベルトに通して
予備弾装として持ち戦闘装具意外(食べ物や予備弾バッテリーなど)はEAGLEのA3パック
に入れ、このベストの上から背負います。
マガジン3本以上携行時はすべてノーマルタイプマグ(コイルスプリング式)というルールでした。

銃器はAKS。弾数制限の無い午後のゲームでは、PKMとサブに背中にAKSでした。


結論から言うと、ベストタイプの装着感の良さは再認識しました。
チェストリグやサスペンダー装備での持ち重みは密着型ベストだとかなり分散し
長時間(サバゲとして比較的)行動時に結構疲労感が変わってきます。

ですが、V1-NでAKマガジンを運用すると、脇の下に来る左右のポーチ2箇所の
マガジンが非常に抜きにくいです。調整してポーチ位置を下げると今度はベルトキットが
邪魔でしゃがめなくなってしまいます。

私はどちらかと言うと大柄なほうですが、MサイズのV1ではやっぱり脇の2箇所のマガジン
ポーチが側面に来て使いにくいです。

この構成では、左胸に予備弾、右胸にローダー(フィールドでの給弾はOKでした)、ベルトキット
のマガジンポーチはゴーグル・グローブ入れ・サイレンサー・水筒(ペットボトル)、フィールド
パックには予備弾と食料(パンとか)です。それでもこまごましたユーティリティがあと2~3箇所
無いとちょっとした時にポケットが足りなくなってしまいました。




状況中の膠着時にお昼を食べてました(^^; ぶどうぱんと水です。

先日組んだMPi-KMS-K風AKSは長さもストック畳んだ時の取り回しも非常に使い良かったです(^^
中距離以上での敵味方識別のために、単眼鏡かスコープがあればよかったくらいです。

マガジンは10本携行(100x5・70x4・150x1)では多すぎました。数十人規模の勢力で
スカウト的な行動の場合は、100連が4本か多弾数1本で十分です。
今回のルールでは行動中の給弾も認められていましたし。

V1ベストの場合、1ポケットにAKマガジンなら1本しか収納出来ません。これを2本収納
出来るようにして全面4箇所のポケットにすれば使い良さそうです。
まんまSPLAV‐M22/32ベストの配置ですが(^^; あれはあれで考えてあるんでしょうね。
それで空いた脇にユーティリティを増設すれば、腰周り装具も減らせて動き易くなりますし
今回のような状況には適した装具になりそうです。

あと贅沢を言えば、スリングの持ち重み対策にベストの肩部分にパッドが欲しいのと
ポーチのベルクロがはがすときに五月蝿いのをなんとかしたいくらいです。


次もこれを踏まえて装備をアレンジして、自前製作品に繋げていこうと思います(^^



おまけ



マガジンクリップでとめたMP5マガジンに.308用MAGPULがピッタリです(^^;



さらにこの2本状態でAKマガジンとほぼ同ボリュームで、AK用装具などに使えました(^^;;
ポーチからの抜き差しが非常に楽だそうです。10年遅れでクラシックタイプのマグプル採用(^^;;;