※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

2008年07月31日

Tシャツ(新色?)


ゲリフェス販売用に新しいTシャツを作ろうと思ってたんですが、どうも間に合わなさそうだったので
前回のアブトマットTシャツの色違いを作ってみました。




カラーはブラウンとナチュラル。ナチュラルはキナリぽいというか、ごく薄い
ベージュ?みたいな。画像では白く飛んじゃってますが、真っ白ではないです(^^;

ギリギリ今日手元に来たので、明日の準備用に会場に発送しておきました。

今回はSサイズとXLサイズが少しあります。
前回のベージュに黒地のものも少しあります。

オモンとかそっち系のものは近々作ります。

文字だけじゃなく、図柄の入ったものもまた作りたいです(^^



シルクスクリーン印刷というのは、いわゆるプリントゴッコの本格版みたいなの
ですが、Tシャツプリントの場合はTシャツを着せるように固定する台があって
地具で位置をあらかじめ決めたり出来るんですが、そのうち自分でもやってみたい
作業のひとつではあります。

ナイロンでも皮革でも結構なんでもプリント出来るので面白そうです(^^  
タグ :Tシャツ


2008年07月30日

ウサビッチ


ウサビッチとはロシアの刑務所に投獄されているウサギのCGアニメーションです。

結構有名だと思ってたのですが、案外ミリブロ検索で引っかからなかったので
紹介させてもらいます(^^




メインキャラクターはこの2匹のうさぎ。

赤い囚人服が元マフィアのボスの死刑囚「キレネンコ」。
緑の囚人服が一般囚の「プーチン」

二匹が活躍するロシアンテイスト溢れる(?)CGアニメです(^^


公式ウェブサイトでは7話までが視聴できます。

TV放映もされ、今年10月についにDVD化されます。


コミカルな内容にマッチするようにディフォルメされていますが、登場する
キャラクターや小物、車両なども魅力的なものがたくさん。



私の所属チームでロシア装備をする時に、全員うさ耳を付けようかという
話も出てましたが、去年ごろでしたし誰も分からないだろうという事で
流れてしまいました(^^;



アニメーション製作 : カナバングラフィックス(http://www.kanaban.com)  


Posted by 明日香太郎 at 17:30Comments(3)その他雑記

2008年07月29日

ゲリフェス準備中


週末の東京キャロルさんゲリラフェスタの準備中です。


今回は普段の怪しい非主流派装備に加え、インファントリーレジメントさんの装具を
いくつか持って行きます。ベストやプレートキャリア、ハイドレーションなども。




カミース買ってくれるお客さんで、なぜか自衛官の方も多いので(ナゼデショウ(^^;)
一緒に陸自迷彩装備もアリかなーっと。

そういえば「インファントリーレジメント」の(屋号としての)略称って、私は「レジメント」
なのですが、「インファントリー」と言う人の方が多いですね。歩兵か連隊かですけども。


レジメントの装具は元or現役自衛官だと「なるほど」と思う事が多いそうです。
やたらと脱落防止を意識していたりとか。自衛隊さんは落し物はご法度のようですし(^^;

画像にも映ってますが、一部黒色の装具もあります。ダンプポーチの黒は中々良さそう(^^  


Posted by 明日香太郎 at 11:43Comments(0)その他雑記

2008年07月28日

物品製作


とりあえずイベント販売用にといくつかものを作ってます。




止血帯製品版。
スタンプが付きました(^^ とはいってもオリジナルコピーではなくデッチ上げですが(^^;




油性顔料のスタンプインクを使えば大丈夫だと高をくくっていたのですが、やっぱりゴム
面には全然定着しません(-ω-

スタンプ後にしばらく放置し、定着していないインクをふき取ると上の画像のように
染み込んだ感じで残ってます。

元々オマケ的だったので、スタンプは初回分だけになるかもです(^^;

ゴム面にスタンプ出来るインク(スタンプ台)や方法がありましたら教えてくださいm(_ _)m
ちゃんと脱脂すればいいのかな?とか。




AKに付けるとこんな感じです。

ゴムとホックはもちろん専業の工場に頼みましたが、それ以降はいまのところ
私の手作り(^^; ホック通すのが硬くて指先痛いですし、スタンプ押すのも
中々難しいです。スタンプのズレはロシアクオリティということで(^^;;





無地ワッペンは黒は4枚セット、黒・コヨーテ・レンジャーグリーンだと3枚セットに
しようと思ってます。それぞれのセットで普通のワッペン1枚分くらいの値段を予定。

この無地ワッペンも初回100枚弱は私の手作りです(^^;
コーデュラナイロンを切り出して、クイックロン(YKKのもの)をカットして
ひたすら四角く縫い付けます。


最近のワッペンってすごい高いものが多いですよね。
それでもかなり沢山コレクションしている人が居ますし、
総額だとすごいことになっていそうです。一大コレクションですね。




無地ワッペンへのお絵かきですが、私はアサヒペンのマーカーを使ってます。




アサヒペンカラーパレットのマットホワイト。中々使い良いです。250円くらい?

水性ですが、乾けば耐水性です。デコボコのコーデュラナイロン面でも結構定着してます。


アサヒペンはスプレーも中々優秀です。ノンラッカーであまり臭いがせず、塗装面も
非常にキレイでキットモデル向けだと思います。ですが、塗膜がやや薄いので
ガシガシ使う実用品にはあまり向かないように思います。
装備品(ベストなど)を塗装する場合は、あまりノッペリとならないので向いてるかも。

あとオススメはアサヒペンの「サンド調スプレー」です。ザラザラの粒子が一緒に
吹き出て、滑り止め加工をしたような表面になります。狙撃銃のストックなどを
塗装すれば使い勝手アップ?するかも。
同様に「ストーン調」というのもあり、こちらはさらに粒子が粗いです。

(アサヒペン宣伝おわり)



あと、結構ロングセラーの「代用イガール」。

実は最初は名前もただの「イガール」だったのですが、現行の太くて硬いコードで
作ったものから「代用」が付いてます。冷静に考えて実物と全然違いますしね(^^;

この代用イガールの上にさらにヒモを巻きつければ実物っぽくなるかもです。




実はこの代用イガールも過去からすべて私の手作りです(^^;

ロープをループ状にして、継ぎ目をミシンで縫いつけて、収縮チューブで
隠すだけなんですが、このロープが内職さんのところのミシン(普通の工業用
高速ミシン)ではゴツすぎて縫えないのです。
なので私の持ってる厚手用を使うしかないという事です。


この代用イガール、案外売れるのです。シュマーグよりも売れているのかも?
単価が比較的安いんですが、材料費割合が案外高いです。



今回は手作り品メインでした^^)ノシ  


2008年07月26日

AES-10


ルーマニアのRPKタイプスポーツライフルAES-10。

LMGタイプのAKスポーターは色々ありますが、これは結構普通のAKM
に近く、トイガンでも再現しやすそうです。




フロントサイトがAKMタイプ。ガスバイパス部分はAK74風のコンパクトなもの。

ルーマニアのAKは5.45mmのものでもガスバイパスパーツはAKMに近い
形状だったはずなんで、スポーターのこれがなぜAK74タイプなのかは
よく分かりません。




ハンドガードは出っ張りのなだらかなAIM(フォアグリップ無し)と同じもの。
ストックもRPKタイプの形状ですが単材です。

あと、これはルーマニアのAKスポーターの特徴だと思うのですが、レシーバーの
マガジン挿入部側面の凹みがありません。AIMなどの軍用モデルにはあるのですが
なぜか民間モデルには無いです。なんででしょ(-ω-


そんでもって、バイポッドとキャリングハンドルを外し、ハイダーを適当な
ものに交換してショートマガジンにすると、



一見トイガンに見えるようなゲーマー臭いAKに(^^;




マウントも20mmレールですし、スコープもシューティング用。


SVDは根本的に違いますし、FPKもマガジンの大きさなどで電動ガンで再現
するのは難しそうですが、これなら比較的楽に達成出来そうです。

スポーターベースの狙撃銃ってのも何か民兵っぽいですし(^^


イラクあたりですとTABUKのスナイパーライフルや機関銃(RPKタイプ)なんかが
ポピュラーなんでしょうが、タブクは基本的にユーゴM70シリーズのコピーなんで
細部の再現がトイガンではかなり難しいです。

ロシアタイプに近いRPKのバイポッド外しは、とりあえずある程度のリアリティ
を持った民兵用のオートマチック狙撃銃をサバゲで使いたい人向けです。  
タグ :RomaniaRPK


Posted by 明日香太郎 at 23:44Comments(0)Gun

2008年07月25日

PTW


レッドウルフさんのウェブサイトを見ていると、SystemaPTW用のM16A1ロアフレームが
ありました。こんなの出ていたんですね。最近?




トレポンはM16A2/M4系しかないのがネックで、常々A1系があったらなと思ってた
んですが、これだと今後アッパーレシーバーや他のパーツも出揃うのかも。

ロアレシーバーさえあれば、アッパーは海外で実銃パーツをトイガンパーツに
加工したものを作れれば出来そうにも思います(^^


私の好みとしては、XM177(無印、E1、E2)やM653などのA1系カービンです。




今ではパーツ入手がM4系より難しそうな気もしますが、G&Pなどのマルイ用を流用
すればあるいは…(-ω- あとは20連マガジンくらいですね。


ベースガンのトレポン自体高価ですし、製造も間に合ってない(力を入れてない?)のか
入手もすぐにとはいかないようです。



そういえばイノカツも同じPTWという名前で数機種発表してますが、イノカツの場合は
ガスなんですね。基本CO2らしいですが、日本仕様も出るんでしょうか。  
タグ :トレポンPTW


Posted by 明日香太郎 at 11:29Comments(0)Gun

2008年07月24日

止血帯(試作完成)


止血帯の製品サンプル(ほぼ同じ)がようやく完成しました。

多少なりとも興味のある方が飽きる前になんとか販売できそうです(^^;





ちゃんとレプリカ品になってると思います。




最後まで調整したホック部分。

左からオリジナル、1stサンプル、2ndサンプル。
1stは穴に通す部分がただの円錐になってて、旋盤加工で作れます。
2ndはオリジナル同様のイカリ型になってて、マシニングセンターで削り出しです(^^;

ゴム部分も入れて、たぶんオリジナルロシア製の100倍以上の製造コストぽいです…(-ω-


8月2日/3日のゲリラフェスタには持っていけるとおもいまーす(^^  
タグ :止血帯


2008年07月23日

アラビア文字ワッペン


最近ちょこちょこ流行ってるアラビア文字ワッペン。

一般的にファニーパッチの部類のものが多いようですが、PMCや警備兵が
現地の人に対して何らかのアピールをするといったものです。




そこでワッペン2種。なんか違和感があると思いきや、手書きです(^^;

ワッペンの製作コストはかなり高く、馬鹿にならないのでプレーンのベースだけ
作ってみました。そこの顔料ペンで手書き。
チープさが逆に現地ローカル感を出しているような…。いないような。


黒い方がおなじみの「INFIDEL(異教徒)」です。実際こんなワッペン貼り付けて
警備してたら反感買うだけでしょうね(^^;

グリーンの方は「FRIENDRY(友好的)」です。これの方が市民感情を考慮
してていいんじゃないかな?と(^^ 字面が寂しかったのでお月様を足してみました。




サムネールで騙されるという事は、ゲームフィールドなんかでも1mくらいまで
近づかないとたぶん気づきません。さらにオリジナルデザインで出来ますね!手書きですし(^^;




生地の裏にベルクロを縫い付けただけなので、ちょっと質感を出すために
装具用のコーデュラ'1000を使っています。
黒とレンジャーグリーンとコヨーテを作ってみました。サイズは75x50mm。




黒に白でアラビア文字ってのが一番締まって見えて良い感じですね(^^

敵対する相手方に挑戦的なワードを投げかけつつ…、




背面にはフレンドリーと(^^; これで後から撃たれる事が減るかな?(^^;;



(おまけ)

最近寄らせてもらった業者さんに、マルチカムのストラップを少し分けてもらいました。
CRYの正規品で、1インチストラップの面にマルチカム柄がプリントしてあるものです。
プレートキャリアなどのウェビングに使えば、ポーチ無し状態でもフルマルチカムになります。

それを使ってキーストラップを作ってみました。




よく見ると「MULTICAM」と文字が入っているのが分かるでしょうか?

ナイロン製のストラップですが、ベストのウェビングなどに使われているコーデュラ糸入りの
硬いものではなく、かなり柔らかくへにゃへにゃだったので別のストラップと2重にしてみました。


このストラップをゲットして、他の業者さんに「こんなんあった!」と見せると、「うちにも入ってるヨ」
とか、次入るとか、結構同じ時期に皆オーダーしてたんですね(^^;

やっぱりもう少し硬いストラップで作って欲しいところですが、強化品の場合は表面のデコボコが
キツくなってプリントには向かないのかもしれません。今回のものは柔らかく表面もなだらかです。  


2008年07月22日

МИГ-27


好きな戦闘機(軍用機)は?と応えると、いくつか候補はありますが
昔から好きなのはMig-27です。可変後退翼機のMig-23の攻撃機Verです。




離着陸時に下面垂直尾翼を倒して地面との接触を防ぎます。
荒れた滑走路でも離着陸可能な大型のランディングギアで、降着時も
妙に背高のっぽです。

Mig-23に比べてハナが垂れているのと、垂直尾翼の大型化、主翼の大型化
など色々ありますが、シルエット的にかなり好みです(^^




可変翼下にもパイロンがあり、増槽や武装を搭載可能。
翼を動かす時はパイロンが機軸に対して平行移動します。




1990年前後の頃は「フロッガーD」と呼んでいたような気がするのですが、
初期型のMig-27を、最終型のM型に改修したものをD型と呼ぶようですね。

基本的に私の銃以外のミリタリー知識は、メガドライブ版の「スーパー大戦略」と
「アドバンスド大戦略」から来ているのでこの程度です(^^;


第三国の攻撃機としてはSu-25あたりの方が整備製や維持コストなどで
優れていそうですし、Mig-27は結局そんなに成功した機体ではないみたいです。

6砲身30mm砲に、各種ミサイル(対空対地対艦)やロケット、各種爆弾(核爆弾も)などなど
重武装の超音速攻撃機と聞くと、聴こえはいいですが結局はどっちつかずに
なってしまったみたいですね(^^;;  
タグ :Mig-27


Posted by 明日香太郎 at 13:38Comments(5)その他雑記

2008年07月20日

NPCクッション


仕事の合間にノートパソコン用のクッションを作ってみました。

最初はノートPCの入るクッション入りの出張カバンを作ろうと思ってたんですが、
構成などデザインが頭の中で纏まらなかったので、ただのクッションになりました(^^;




これに入れた状態でカバンに入れれば、まあ多少の衝撃には耐えられそうです。

持ち歩くの考えると、もうひとつ小さいサイズのノートにしたほうがよかったかも(-ω-




フタもなにもなく、ただ被せるだけのものです。



最近だいぶん暑くなってきて、krskも涼しいところを探してモソモソしてます。




よくエアコン直下の仏壇の上に居ます。

動物ってこんなに冷たくなっても大丈夫なん?と思うほど冷えてたりします(^^;  

Posted by 明日香太郎 at 13:57Comments(3)その他雑記

2008年07月19日

MILITIA2


昨日のつづき。Militia検索結果。

昨日はいつのまにか56-1式特集になってましたが、今日はPKM特集。




イラク市街民兵。体制側か反乱軍かはわかりません(^^;

以前までPKMのフラッシュハイダーは、PKに似たタイプの長いものをよく見たのですが
最近はこの小さめのタイプのものも民兵装備で見るようになってきました。
新型銃器がどんどん反乱軍に流れてますが、ロシアの武器管理はどうなってるんでしょ。




こちらもイラク?




市街戦闘中。

PKMってアモボックスが邪魔で立射がかなりしにくいはずなんですが、
民兵さんたちはほとんどがスタンディングですね。

そもそもGPMGの運用なんて脚を使ってしか想定してないはずなんですが
使えるスタイルならなんでもやるってのが民兵でもPMCでも今の
流行なんですね。




こちらはアフリカ。小さいほうのハイダー付きです。
なんか怪しい飲み物飲んでます。マンゴージュース?


イラク市街メインで見ると、56-1式とPKMのメディア露出が際立ちます。
AKMに関しては東独やルーマニア、ユーゴなどこまごまと出てきますが、機関銃は
ほぼPKかPKMですね。RPKも稀ですし、DPやRPDなどもかなり少ないです。




こちらは珍しいRPK。ヒズボラさん?



民兵装備というと5年前くらいは「AKならAKMまで、AR-15はM16A1シリーズまで」
というイメージだったんですが、今はもうAK74から、鹵獲したM16A2やダット付きM4まで
持っているので、たとえばヒストリカルゲームのルールを作る場合でも「出来るだけ雰囲気を
考慮した民兵っぽい装備」ってだけでOKになってしまいそうです(^^;

そういう風に民兵装備の裾野が広がれば、ゲームにおいても動員数が増えて
元々員数の多い米軍系の人ともバランスがとりやすそうです。

WW2~NAMでもそうですが、主流派でないほうの員数を集めるのが困難なのは
ヒストリカルイベントの宿命ですので、現用中東紛争関連はまだ恵まれているのかも(^^  


Posted by 明日香太郎 at 12:59Comments(6)その他雑記

2008年07月18日

MILITIA


MILITIAというとカタカナ表記ですと「ミリティア(英語風)」「ミリツィア(ロシア風)」
「ミリシア欧州風」ですが、単語の意味の幅が広く一般的には軍属でない武装組織
および戦闘員全般を指します。ゲリラから武装警官(民警)まで。

イスラム圏ではどうなってんのかなと思ったんですが、どうもまんまMILITIAという
単語がアラビア語表記ですが同じ意味で使われているようでした。


そのMILITIAでイスラム圏検索すると、やっぱり民警からゲリラまでがヒットし
どれもいつもの装備なので正直どちらの勢力なのか分かりません(^^;




イラクあたりではキャリングハンドル付きのAR-15にスコープやダットサイトが乗ってる
事がなぜかかなり多いです。何の兼ね合いでしょう。

あとやっぱり56-1式は多いですね。こうもアフガンからイラクまでメディア露出が多いと
リアルソードの56-1式が欲しくなります。今吊るしで買えるベスト民兵ライフルです。




こちらも56-1。この記事見ている人もだんだん欲しくなってきませんか?(^^;




これは56SSとかでしたっけ?56式のガスバイパスとフロントサイトの間隔を無くしたものです。
AKMタイプのスラッシュカットサプレッサーが装着されています。




こちらは民警ですね。これも56-1の短小モデル。

これと上の画像はファイル名からするとガザの民兵です。




また56-1式。イラク周辺での56式普及率はかなりのものです。さすが武器輸出大国China。



RSから81式は無かった事にするとしても、56-2式は出て欲しいなと思うこのごろです。  


Posted by 明日香太郎 at 12:00Comments(6)その他雑記

2008年07月17日

商品考案


アフガンタイプの止血帯の活用法参考画像をさがしてたのですが、中々
どうしてみつかりません。探し方がわるいのかな?(-ω-?




ちょっと珍しい?VSKのストックに止血帯。
なんかヒゲモジャでロシア兵っぽくないです。独立派?




オーソドックスにAK-74Mに巻きつけ。



次のTシャツ案としてOMONのバックプリントのを作ろうと思ってたのですが
当然キリル文字表記で「ОМОН」になりますが、街中で着ると知らない人には
ホモ?とか思われないかちょっと心配です(^^; 鏡に映るとそのまんまですし(^^;;




デザイン的には上下に別の文字列を入れるのもカッコイイんですが、やっぱりオモンと
言えば黒地に黄色文字で[ОМОН]と四角いマスの中にあるのが私のイメージです。
戦闘服の背中に張ってある大版ワッペンのような感じ。

どうしようか悩むところ。  


Posted by 明日香太郎 at 12:00Comments(5)その他雑記

2008年07月15日

Tourniquet


東京マルイさんよりAKS74Uも発売されたようですし、ロシア製AKSの三角プレスストックが
ややマニア向けの海外製キットだけでなく一般層にも広がるだろうと思い製作中です。



(ゴムバンド、ホックともに試作品です)

ロシア軍旧タイプ止血帯レプリカ。
なぜかオリジナルよりはるかにハイクオリティなレプリカ品です(^^;

特徴は
 ・ 臭い控えめ
 ・ 伸縮特性良好
 ・ ベタつかない
など。

特注金型による押し出し成型にて製作されたゴムバンドは、オリジナルのサーモンピンクに
ガンオイルなどによる汚れが染み込んだような色合いになるように、あえてワントーン色調を
落としています。

オリジナルはゴム屋さんに預けたところ「こんな酷いゴム製品はうちじゃ作れない」と
言われたほどでした(^^; ですが、さすが大阪の町工場。オリジナルにあるスタンプ
以外では見分けが付かないほど見た目の再現度が高いです。区別するには臭いくらい
でしょうか(^^;; なおかつ、日本製たるクオリティの高さも発揮。

ホック部分はなんとジュラコン削り出し。オリジナルはたぶんPPの金型成型です。
これは射出成型が少ロットでは難しいのと、レジンなどのキャストの場合ホックだけに
強度が不足しそうなのでこうなりました。かなりの高級パーツです(^^;


価格はオリジナルのロシア製を市場で買うのとあまり変わらないくらいになっちゃいそう
ですが、ある程度入手は容易になればなと思います。


再現度の高いレプリカ品というと、材料の調達の面でオリジナル品製作よりも
難しいので、私は縫製関係でもあまりやらなかったんですが、これは「レプリカ」と
言って恥じないものになりそうです。  


Posted by 明日香太郎 at 11:37Comments(4)ロシア連邦装備

2008年07月14日

Eagle LE プレートキャリア


ナイロン装具は割と興味が薄いんですが、今回のバッシュマーケットで久しぶりに買っちゃいました。




EAGLEのLE(Law Enforcement)プレートキャリア。とかいう名前だったと思います(^^;
皆「LE」と言ってたので…。


シンプルながら内側にクッションが入った、ちょっと気の利いたプレートキャリアに
AR-15用マガジンポーチ(V1ベストと同タイプ)が3つ縫い付けてあります。

ユーティリティベストを上に着ると、前開き部分から良い感じにマガジンポーチが覘きそうです。
わき腹に何もポーチが付いてないので重ね着向きですね(^^

アーマープレートを入れるスペースはやや小さめですが、プレートを出し入れする
部分のフラップが長めなのである程度調整出来ます。
フロントにダミープレートのLサイズ、リアにMサイズを入れてます。




今回はMini-UZIと合わせてみました。というかM4を持ってないので(^^;

マガジンを押さえるゴムのテンションがかなりキツく、縫い付けポーチならではの
剛性の高さ(ポーチ四隅がプレートキャリア面に固定されてる)で、SMGマガジンを
入れても中々のホールド感です。9mm30連マガジン程度なら2本づつ収納可能。

このMini-UZI(WA)のマガジンは25連型なので少しフラップが余る感じです。


「元特殊部隊員のPMC」ではなく、私の目指すところの「武装警備員」的な
チープでローカルな感じを出すにはやっぱり短機関銃のが良さそうです。

実際のところは、小銃弾対応のプレートキャリアでなくても防弾ベストの普及率が
武装ゲリラ間でも上がっているようなので、9mmSMGで警備業務が勤まるの
かな?とも思いますが。


モジュラー装備全盛のご時世に、どんなオーダーがあったのか知りませんが
こういうスタイルのもキッチリ作ってるEAGLEはさすがですね(^^


このアーマーキャリアはアグレッサーグループさんで取り扱ってました。

「まけてくれないなら自分で作ったる!」とデジカメで細部の写真撮りまくって
嫌がらせをして、ようやく手に入れた逸品です(^^;  


Posted by 明日香太郎 at 18:46Comments(4)PMC他モダン装備

2008年07月13日

バッシュマーケット2日目


バッシュマーケット初日、ご足労いただいたお客様。業者様一同おつかれさまでした。
といっても、もう2日目の朝です。結局昨日も夜は更新前に寝ちゃいました(^^;




初日はずいぶん盛況で、開場前の会場の外の行列も長かったそうです。

各業者さまも面白い商品を数々持ってこられていて、私も合間を見て
会場をウロチョロしていました。



今からホテルを出て会場に向かいます。その前に朝ごはんを食べます。
朝の秋葉原って牛丼屋さんくらいしか開いてないですね(-ω-  
タグ :イベント


Posted by 明日香太郎 at 07:50Comments(2)その他雑記

2008年07月12日

バッシュマーケット


バッシュマーケットin東京秋葉原の初日です。

昨日は寝てしまったので、今更新です(^^;
今回はノートPCを持ってきたので現地より。




会場の一番奥あたりに装備屋連合が居ます。そのあたり。



秋葉原って10年ぶりくらいですが、こんなに道路広かったんですねー。

関西組は表通りの耳かき屋さんに興味津々でした(^^;;  
タグ :イベント


Posted by 明日香太郎 at 08:50Comments(3)

2008年07月10日

ANAアフガニスタン正規軍


今現在のアフガニスタン・イスラム共和国の正規軍(Afghanistan National Army)も
ずいぶん整備されてきたようです。旧アフガニスタン軍関係の兵士や、民兵(体制側や中立)の
武装を解除させ新共和国社会への組み込みなど、色々やってます。

あいかわらずタリバンとの戦闘や、パキスタンとの小競り合いなどもあります。

装備的には随分と正規軍らしくなっています。ヘリコプター主体の空軍も持ちます。




軍用車両はまだ少ないようで、ピックアップトラックなどで代用。

ウッドランド系の戦闘服に米軍払い下げのブーツとニーパッド、フリッツタイプヘルメット。
なんだかよくわからないタクティカルベストとアーマーキャリアも装備しています。

ライフルはこの画像ではAIMS(フォアグリップ無し)ですが、一応AK47/AKM系で
統一されているようです。




正規軍のPV。イスラムナショナルカラーのひとつの鮮やかなグリーンのベレーです。

こちらのライフルは東ドイツのエジプト輸出仕様のMPi-KMSと思われるもの。





幹線道警備の兵士。こちらは56-1式。

アラブ・イスラム圏の兵士のライフルって正規兵・民兵問わず多数が折りたたみ
ストックですが、やっぱり生活と戦場の境界が低いとかいう理由で、携行性が良いものを
選びがちだったりするんでしょうか。





プレートキャリアの作りが分かりやすいです。プレートが湾曲していないので、
切り出しただけのスチール板などを入れていたりするのかも。

こちらは固定ストックのAKMですが、ストックがなんとなく丸っこいのでルーマニアAIM
っぽくもあります。奥のテクニカルに乗ってる兵士のマガジンはベークライトです。

AK系諸外国仕様の外観にエアガンを改造している人は、民兵装備もいいですが
イラクやアフガニスタンの新生正規軍も中々のカオスぶりでオススメです(^^;  
タグ :アフガン


Posted by 明日香太郎 at 15:57Comments(5)

2008年07月08日

変則マガジン


変則マガジンあれこれ。




スペクターSMG。4重列マガジンといえばコレを私は最初に知りました。
15年前くらいにFTC(ファルコントーイ)からガスガンにて発売されており、
当時は随分モダンな印象を受け、カッコイイ銃だなと思っていました。

今でも実銃としても、中々にツボを抑えた良い工業デザインだと思います。


画像の長いほうのマガジンが50連発です。9x19mmSMGのマガジンとしては
かなりの大容量。短いほうでも30連発です。


実際の軍隊や警察などでもかなりマニアックな部類の機種ですが、
15年前までのトイガンメーカーの新機種選考は実銃でのシェアやミリタリー
マニアの趣向などをあまり考えてないラインナップが多く、実銃を取り扱う
海外の人でもあまり知らない機種を日本人がよく知っているなんて事が
多いです(^^;

当時はミリタリーに関する情報も少なく、ファン層全体の方向性が
定まっていなかったのかもしれません。

ですが今のように各メーカーで多数の重複機種が発売されるよりは、
奇抜なものが次々に発売されて新機種が楽しみでもありました。

今でもその魂が生きているのはマルシン工業さんですね(^^;
無謀とも言えるラインナップを維持出来るのは、金属成型業界で
かなりのシェアを持つ同社ならではです(^^;;



話が反れました。マガジンに。



円盤型マガジンといえばDP/DPM機関銃。さらに後継のRP-46機関銃も基本はベルト
リンク式ですがDP用の円盤マガジンも使用できるようです。

縦置き(軸が)ドラムマガジンの利点は高さを抑えて大容量を得るところです。
DPマガジンに関しての弱点はマガジン自体が薄すぎて強度が不足しているところです。
ですのでDP用マガジンは運搬時に変形させないよう、ケースはスチール製の頑丈なもので
それ自体の重量がかさんで運用しにくいとの事です。





ベルトリンク式RPK-74。トイガンでAK系に角型マガジン(アモボックス型)を付けると
リアリティに欠けるともっぱらの噂ですが、実銃でありました(^^;

とは言っても、普通のRPKとはレシーバーとデッキカバー、ガスピストンバイパス部分など
微妙に違うようです。
たぶん試作品だと思うんですが、5.45mmのベルトリンク式って結局正式では無いですよね。

装着はAR-15ベースの機関銃のように、AK用マガジンラッチにてアモボックスを
固定し、サイドからベルトリンクにて給弾します。




同RPKの縦置きドラムマガジン装着版。
ベルトリンクと通常のマガジンとのコンバーチブルのようです。この状態で下方から給弾
出来るという事は通常のAK74用マガジンも使用出来そうです。





潜望銃。マガジンがAKのものです。

自動小銃全盛の時代になっても、こんなの熱心に考えてたんですね(^^;
といっても1型マガジンの頃の50年前後は、まだ塹壕戦を想定してたんでしょうか。  
タグ :AKマガジン


Posted by 明日香太郎 at 10:32Comments(3)その他雑記

2008年07月06日

SKAT迷彩スーツ入荷


NPO-SM社のSKAT迷彩スーツが少数入荷しました。




商品名 : NPO-SM SKAT迷彩スーツ
カラー : REED(グリーン)
サイズ : 52-54/3-4のみ
販売価格 : 13700円

戦闘服やファティーグの上に着る迷彩スーツのため、かなり大きめのつくりです。
サイズは丈が「3-4」「5-6」の2パターンのうちの小さい方ですが、180㎝くらの方まで対応しそうです。
身幅は「48-50」「52-54」「56-58」「60-62」の4パターンのうちの下から2番目です。㎝表記。

すでにNPO-SM社での製造は終了しており、メーカー在庫はほぼ無しであとは
流通在庫のみのようです。元々製造数が少ないようです。

ロットによって色に多少ズレがあり、今回のものは迷彩柄の暗色部分がほぼ黒です。

材質は薄手のナイロン生地で、ソコソコ丈夫そうですが柔らかく動きやすそうです。
オーバースーツですので、素肌に着るには適しません。


ご所望の際は必ず明確に「発注」の意思をご提示下さい。
基本的に受注メールの早い順に優先させてもらっていますが、それが「問い合わせ」の
場合は後回しとさせてもらいます。

一応追加オーダーしてみますが、再入荷は未定です。大き目のサイズはもう無いようです。




ジャンルとしてはスナイパー用の偽装スーツになると思います。
実際、ロシア軍の迷彩パターンとしては偽装効果は高そうに見えます。


ちょっと変わったものが欲しい人向け?(^^  
タグ :SKATNPO-SMREED