※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

2017年03月15日

AKピストルカービンキット



(明日香縫製試作品)


LCTAKをピストルカービン(PCC・ピストルキャリバーカービン)にするキットの試作品です(^^





マガジンはAGMステン用です。

ステンマガジンは実銃同様に、MP40(同社製品)と共通で、さらには
トイガンではM12Sまで共通なので、入手性は良好です。

AGM製スチールマガジンと、キングアームズ製プラマガジン両方が
使えます。








試作品はガーダーのフレームに取り付けてあります。
基本的にガーダー、イノカツ、LCTには着くはずです。

AKマガジン用のマガジンキャッチの横ピンを抜き、キャッチとスプリング
を取り外します。そこにアダプターを取り付け、元々のピンの穴から
ビスで固定するだけです。


ローカルメイド感溢れる、9mmPCCの出来上がりです(^^

本体の仕様はお好みでOK。

あとは、エジェクションポート周りを9mmっぽくするパーツも
作ろうと思います。
ボルトキャリアー前に挟み込むだけのパーツになればと(^^




マガジン側面にあるステン/MP40のハウジングストッパーと、キットの
ハウジングの位置が合っていませんが、そこが「ローカルメイドっぽくて
良い」という意見と、「チリを合わせてもいいんじゃない?」という意見が
出そうなので、商品化するなら両バージョンを作ろうかなと思います(^^


一応実射に関して、AGMマガジン、キングアームズマガジンともに
給弾も問題ありませんでした。



ハンドガンベースのピストルカービンは、なんか近未来的でオシャレな
ものが多いですが、ライフルベースのピストルカービンは全体的な
「棚落ち感」があるので、メリットを見いだせる人は少ないかもしれません。

実際、伏射がAK以上にやりにくくなり装弾数も減少するので、
変わった銃が好きな人向きです(^^;