※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

twitterとミリブロ記事が連携してます
(http://twitter.com/@AsukaSewingKA)

2008年10月28日

PMC/PS(1)


PMC装備好きの方とお話していたところ、やっぱりプライベート・セキュリティ・カンパニーの
「PSC」と言う事の方が多く、または単に「PS」だけでも紛争地域や安全保障上問題のある
場所では十分に民間の武装警備員の事を差しているようです。

他にはPSD(プライベート・セキュリティ・ディフェンス)、PSDC(同カンパニー)、
PSG(プライベート・セキュリティ・ガード)などという表記も見られます。
PSF(プライベート・セキュリティ・フォース)というのもありましたが、民間警備なのに
軍とはこれいかに(^^; まあ「軍」じゃなく「軍事力」的な意味でしょうけど。

なので記事タイトルは、日本で一般的な名称のPMCと、海外で一般的なPSとなりました(^^





初期のブラックウォーターの職員です。たぶんアフガニスタン。

アーマーベスト無しで装備も腰まわりだけ。ライフルも当時はライトとオプティカルサイト
が付いただけのM4です。(私はこのくらいのM4が一番好きですが(^^)

今のミリタリーホビーでは、こんな装備で「PMC」を名乗ると笑われそうですが、
少し前でも本チャンの武装警備員がこれなんだから仕方ないですね(^^;


ホビーとしての「軍装」の場合、やっぱり重要なのは見た目のイメージだと思います。
見た目を近づけるには輸入装具を使うのが一番良いです。だって実際のPS職員と
同じものなんですから。

輸入装具でも軍放出品や旧世代品ですと、最新モードには追いつかないまでも
実際「ありえる」装備とも言えます。

サバイバルゲーム用の装具であっても、チョイスや組み合わせを工夫すれば
十分見た目の「それらしい」イメージに近づけると思います。


私が軍装をする場合に考えるのは、一人の兵士(民兵)がどの紛争地域に
居るか、なぜその装具・武器を使っているか、です。
これを間違えると、マニアさんに「ありえない!」と言われるわけですね(^^;

ですが欧米PS装備の場合、ほとんどのパターンが「アリ」なのも面白いところです。





ひと世代前のラフすぎるPS装備が続きます。

初期ブラックウォーターもそうですけど、アーマーベスト無しというのはラフすぎるんじゃ
ないかと今はホビー観点の私でも思いますが、当時はそういうのも含めて
試行錯誤していたんでしょうね。

Tシャツでパトロール→撃たれる→死ぬ→死ぬの嫌だからアーマーベスト着る
→ライフル弾貫通→プレートキャリア、という感じなんじゃないでしょうか。

軍隊で60年代からのアーマーベスト使用理由や、近年の警察の防弾ベスト
使用率などを考えると分かりそうなものですが、相手をナメる事に関しては
世界一の米人らしい初期選択です(^^;

職員の殉職は企業としてもマイナスなので、経営効率UPの企業努力としての
アーマーベスト付加による死亡率低下処置ですね。
民間の武装・装備が極端に制限される日本とちがって、このあたりは合理的です。




上と同じ人達だと思います。一番右のショーン・コネリーみたいな初老の人かっこいいです(^^

中央の人のMPi-KMSにレイルシステムみたいなのが付いているようにも見えますが、
基本的に皆無改造のカービンか短機関銃です。

この人らの場合はメイン火器のマガジンポーチと、サブのピストルとそれのマガジン
ポーチだけ。ほとんどゲーマー装備というか、最近のゲーマーより貧相な井出達なのに
不思議と雰囲気があります(^^



去年くらいから「貧乏PMC」をやりたいと言っていましたが、このあたりの初期PS装備や
ちょっと現場をナメた感じのがルーズかつチープで私のイメージに近そうです。

ミリタリーホビー業界では、特殊部隊装備を軽くしたPMC装備という位置づけが
一般的だと思いますが、私の観点では非武装の一般人に武装を引っ付けたという
イメージで勧めたいと思います(^^




これくらいになると本当にただの「銃を持った民間人」ですね(^^;

ですがシークレットサービスやボディガード的な人ですとこのくらいぽいです。
日本で言うSPのような。



流行の路線から外れてきたところで次回につづきます。







明日香縫製雑貨店

To foreign customer,please access to KABUTO online shop.
They will reply your order soon in English.
(http://kabutojapan.com/)



シャルワールカミース、シュマーグ、その他民兵装備、縫製装具製作販売。







ポリスVSギャングのイベントです『LE祭』!!!

同じカテゴリー(PMC他モダン装備)の記事画像
PMS/PS(6)
PMC/PS(5)
PMC/PS(4)
PMC/PS(3)
SOPMOD AK
PMC/PS(2)
同じカテゴリー(PMC他モダン装備)の記事
 PMS/PS(6) (2009-03-13 11:33)
 PMC/PS(5) (2009-02-27 23:16)
 PMC/PS(4) (2008-11-15 15:52)
 PMC/PS(3) (2008-11-04 10:56)
 SOPMOD AK (2008-11-01 23:36)
 PMC/PS(2) (2008-10-30 23:59)

この記事へのコメント
一番上の写真のBWの人達はハリケーンカトリーナで被害を受けた後の
ミシシッピ州かルイジアナ州の都市を警備している写真だと思います。
なので軽装備だと思いますよ。
Posted by t at 2008年10月28日 13:36
こんにちは。


なるほど!国内の災害警備だったんですね~。

アラビア語圏サイトで外国人傭兵みたいな紹介のされかたしていた
画像なのでアフガンかと思ってました(^^;

よく考えれば、武装警備会社も元々は国内業務からスタートして
いるでしょうし、いきなり紛争地域で業務開始は無茶ですね(^^;;

アメリカは災害時の暴動とかすごいですし、大きな反撃(銃撃)の
心配は無いけど暴徒が多い場合ならこの装備で納得ですね(^^
勉強になります。
Posted by 明日香太郎明日香太郎 at 2008年10月28日 13:42