※2014年3月までの案内は税率5%、2019年9月までの案内は税率8%表示になります。
2019年10月以降は10%表示になり過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

過渡期終焉装備サバゲ「DISASTERZ(デザスターズ)」 2020年どこかで開催を目指します!


twitterとミリブロ記事が連携してます
(http://twitter.com/@AsukaSewingKA)

2020年06月27日

ロシアフラッグパッチ新バージョン入荷

(明日香縫製商品案内)




ロシアフラッグパッチに新バージョンです(^^



※オリーブ


※ブラック



商品名 :
 ロシア フラッグ ヘルメット パッチ

販売価格 : 1705円(税別1550円)

カラー :
 オリーブ
 ブラック

サイズ : 80x45mm


通常のフラッグパッチ(3x2インチ)よりも少し横長縦狭のバージョンです。

ヘルメットのパッチスペースや、戦闘服の腕ポケットフラップ部分などに
割り込ませやすいサイズ感になっています。

フラッグパッチミディアムサイズ(85x60mmのもの)より、オリーブのものは
全体的にロービジブルになっています。ブラックはさらにロービジです。

ヘルメット以外でもちょっとしたアクセントに(^^

ロシアンPMC装備にも是非!
  
タグ :ロシアPMC


2020年06月26日

フェイスガード マルチカムブラック再入荷

(明日香縫製商品案内)




フェイスガードのマルチカムブラックが再入荷いたしました(^^




緊急事態宣言期間中のセールでしたが、感染症自体が
収束するまでセール続けさせてもらいます。
(収束宣言?が出るはずですよね??)


商品名 : ライトウェイトフェイスガード

カラー : マルチカムブラック

販売価格 : 2035円(税別1850円) → 1500円(税込み・送料サービス)

発送はスマートレターでさせてもらいます。

振込手数料はご負担下さい。

代引小包の場合は手数料として1便あたり500円を加算させてもらいます。

他の商品(カミース等)をご注文の場合も、フェイスガードが一緒だと送料サービスになります。



今現在、以下のカラーバリエーションがございます。

・ブラック
・スモークグレー
・TAN(ベージュ)
・OD(グリーン)

・マルチカム
・マルチカムブラック
・ACU
・MARPAT
・ウッドランド
・フレクター(独軍)
・パルチザン(露軍)

・リアルツリー



Amazonでもご購入いただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B088QVR4T1



フェイスガード内側にメッシュポケットがございますので、そちらにフィルタを入れれば
サージカルマスクの代用に使用出来ます(^^



  


2020年06月25日

ミニミリ浅草橋7/26

(明日香縫製イベント参加案内)




7月26日に東京浅草橋のミニミリが開催されます(^^

会場の詳細等はこちら!

https://www.hammers-heaven.com/






このまま東京アラート?が再発報されなければ、開催出来るはずです!(^^;


入場者は全員マスク必須でお願いします。

入場時に体温チェックと手の消毒をさせてもらいます。

入場列を作る時は間隔を保ってお願いします。

上記事項に関して、入場時にスタッフの指示に御従い下さいm(_ _)m




持っていく商品なども、また追って案内させてもらいます(^^








  


Posted by 明日香太郎 at 13:42イベント

2020年06月06日

現代東西戦

(明日香縫製イベント参加案内)



7月5日(日曜日)に、徳島のゲームフィールドWTCさんにて「現代東西戦」が開催されます。

明日香縫製も参加・出店いたします(^^


WALL.TRANING CENTER(http://wtc.gr/

イベントページ
http://wtc.gr/2020/06/03/eft-event1/


輸入セレクトショップのTORAYAMAさんの主催になります。



現代東西戦、企画名は通称「タルコフ戦」です。

タルコフとは「ESCAPE FROM TARKOV (EFT)」というPCゲームになります。

FPS(一人称視点シューティング)ゲームの一種ですが、システムや世界観が独特かつ
複雑な割に、世界中のファンを虜にしています。
日本語版がまだというか、そもそもいまだにβ版のテスト段階ではあるのですが、日本語
版も近々案内が始まるとの噂です。




キービジュアル的なものとしては、公式実写動画を見るのが一番早いです。


※字幕ONに出来ます

装備ルール的には「ゲーム内で再現可能な装備、および設定や雰囲気を踏襲したもの」と
いった感じになります。

ゲーム装備なんて難しいんじゃないの?とも思われますが、このゲーム様々な銃器や
装備が登場し、基本的にどの陣営がどの装備を使う事も可能です。
ですので、ほとんどの場合は「ゲーム内の雰囲気」の方を重視されるという事になるでしょう(^^;


あと、ゲームをやってない人には敷居が高いのでは?とも思われるかもしれませんが、この
ゲームは未プレイなのにファンの方がかなり多く居ます。公式ムービーやプレイ動画など
かなりの映像コンテンツがあり、それぞれ雰囲気を使むには十分です(^^




現代東西戦のサバゲ内容はEFT(TARKOV)の雰囲気に沿ったものとなる予定です。

勢力としては大きく2つ、あとサブで1つといった感じです。


プレイヤーやファン層なども含めて最大勢力と思われる、タルコフの看板グループで
ある「BEAR」は、ロシア系PMCです。カスタムされたAKなどを装備したビジュアルは
「正規軍装備じゃないのもやりたいな」という方にはバッチリ刺さるでしょう(^^

もう一方の欧米系PMCとなる「USEC」は、おおよそ米特殊部隊的な装備となります。ですが、
その中にも「タルコフ感」を出すポイントはいくつも隠されています。公式ムービーなどを
見て研究してみましょう(^^

どちらも「ロシア軍そのまま」や「米軍そのまま」ではなく、アレンジが必要です。



もうひとつのサブ勢力は「SCAV」と呼ばれる、民兵やギャングに近いグループです。

ゲーム中では「自前アイテムのロストのリスクが無いキャラクター」というか、NPCキャラを
操作出来るような感じです。初期装備は選べませんが、おおよそ「荒廃した市街で入手した
装備の民兵」といった感じです。すべて鹵獲装備。



この2+1の勢力をサバゲでどのように動かしてくれるかが楽しみです(^^

元のゲームでも「申し合わせた仲間」でない限り同じ勢力であっても戦闘になりますし、
ほとんどバトルロイヤルみたいな感じです。(同じ勢力でもフレンドリーマーカーが出ない)
サバゲでもそうなるのでしょうか(^^;;





  


Posted by 明日香太郎 at 10:57イベント