※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

twitterとミリブロ記事が連携してます
(http://twitter.com/@AsukaSewingKA)

2008年08月12日

ロシア連邦迷彩事情


以前からロシア軍のFlecktarn-d(デンマークコピー迷彩)の兵士の画像を探して
いて、中々見つからなかったんですがようやく見つけました。




ウラジカフカス周辺のゲリラ掃討部隊だそうです。
右の二人がフレクターDです。一番右の人はパンツはウッドランドですが。

最近の画像のようですが、Berezkaのようには普及していないのかもしれません。


と思っていたら…、



いつものチェチェン解放軍ですが、右下の人がすでに着ています(^^;
新型装備の流出甚だしいロシアならではです。コブラ付きのVSKもイカします。


このFlecktarn-dですが、先日「ロシアがグルジア市街を空爆」ってニュースで
燃えている町の中に映っていた兵士が着ていました。空爆時にグルジア領内
に居るという事はグルジア軍のはずですが、たぶん映像の誤用で燃えているのは
グルジアのロケット攻撃を受けた南オセチア自治州市街だと思います。

ともあれ、あのあたりの実戦部隊にはチラホラ使用されているようです。





チェチェンゲリラつづき。
ロシアンカモにGP+45連マガジン。あちらの人は多弾数マガジン好きですね。
ユーラシアではロシア軍も民兵も45連マガジンのシェア拡大中です。

そういえばLandArmsより45連型マガジンがすごく安く発売されてました。
コピー元と思われるGWS製とは質感が少し違いますが、出来はどうなんでしょ(^^




そしてこの細かいパターンのシティカモもよく見る気がします。
でもこのカモって普通の戦闘服では無いんですよね。ナイロンタフタ系の生地しか
無いようで、ナイロン迷彩ツナギや防寒着などでしかありません。
夏場に使うにはちょっと難しいです。



ロシア装備をやってて思うのですが、サバゲの現用装備イベントなどではロシア軍の
立ち位置ってどうなるんでしょう。
欧米連合側でもなさそうですし、アラブ・イスラムとも敵対してますし(^^;

とりあえずワッペン外して独立派民兵に紛れ込むのが無難ぽいです(^^;;







明日香縫製雑貨店

To foreign customer,please access to KABUTO online shop.
They will reply your order soon in English.
(http://kabutojapan.com/)



シャルワールカミース、シュマーグ、その他民兵装備、縫製装具製作販売。




同じカテゴリー(ロシア連邦装備)の記事画像
ロシア装甲列車
ロシアスナイパー
OMONさん
ロシア軍チベットカモ
ロシア兵いろいろ
ロシアANA装具
同じカテゴリー(ロシア連邦装備)の記事
 ロシア装甲列車 (2010-07-30 12:02)
 ロシアスナイパー (2010-01-02 12:31)
 OMONさん (2009-10-18 23:43)
 ロシア軍チベットカモ (2009-10-07 16:06)
 ロシア兵いろいろ (2009-02-14 11:48)
 ロシアANA装具 (2009-02-06 11:33)

この記事へのコメント
グルジア軍って米海兵隊と同じMARPAT迷彩でしたね。
M4とかG36持った兵もいたりして、さすがNATO加盟を目指す国(^^;
Posted by さを at 2008年08月12日 11:03
グルジアあたりの装備ってごっちゃごちゃですよね!

最近集めているアゼルバイジャン軍は,トルコの迷彩服にAKS-74が一番メジャーですが,イラク派遣部隊は3cデザートカモにAIMS,パレードではACUにTavorなどなど…
スペツナズはUZIも使ってましたw

あそこらへんはロシアと西側の覇権争いが激しいですからね。
Posted by あぶるっちあぶるっち at 2008年08月12日 11:49
自分もFlecktarn-dを着ている兵士、ほとんど見たことありません。
訓練してる部隊が着てる所しか見たことないんですよね。

よく見つけることができましたね!
すごい。

ロシアのなかではチェチェンゲリラより旧式の装備の兵士がたくさんいるでしょうねw
Posted by あぶるっちあぶるっち at 2008年08月12日 11:52
こんにちは。


グルジア軍、マーパットなのかピクセル系の迷彩服を着てましたね。
他にはウッドランドとか。ライフルはAK74か101かを持ってました。

航空機ではUAVとか持ってるようですし、米軍も積極的に支援してますね。
UAVはMigに落とされてましたけど(^^;


ロシア領内は独立派勢力を支援しているところが民間から買った装具を
流しているのかもしれませんね。日本の私たちが買えるくらいですから
そりゃ買えるんでしょうけど、金額的な折り合いはどうしてるんでしょ。
アラブ・イスラム系は結構潤沢な資金があるんでしょうか。
Posted by 明日香太郎 at 2008年08月12日 12:06
迷彩に関する知識などはどこから得ているのですか?
いいサイトがあったら教えてください。
Posted by 家門 at 2008年08月12日 14:01
こんにちは。自分も初めてFlecktarn-Dを着ている兵士の画像を見ました! (☆o☆) ちゃんといたんですねぇ。ていうか、チェチェンゲリラにも。(^_^;)
ところで、明日香さんの所で扱っているこのSPLAV製BEKASのFlecktarn-D迷彩服はまだ在庫はありますか?
Posted by ヤスコフ中尉 at 2008年08月12日 14:45
こんいちは
家門さんの言うように
ロシア&東欧の迷彩服や装具をまとめたものあればよいですね。
Posted by chintao 600 at 2008年08月12日 15:06
こんいちは×→こんにちは○…汗 失礼!
Posted by chintao 600 at 2008年08月12日 15:24
だれかが作らなければいけませんからね…
迷彩パターンのサイトは多少検索すれば出てきますよ。kamouflage.netと検索してみて下さい。
装備をまとめてあるサイトはあまりないかと…

明日香さんのブログを一から見直すだけでかなりの知識は得られると思いますよ。
Posted by あぶるっちあぶるっち at 2008年08月12日 19:15
ありがとうございます
Posted by 家門 at 2008年08月13日 00:49
1枚目の画像ですけど、RPO-AってRPG-7みたいな感じですんごい気軽に運用されてるんですね^^;
もっとゴテゴテの装備着こんだ部隊が運用しているイメージがあったのですが…w
うーん、さすがロシアと言う他無いですねw

2枚目の画像の右端のハンサムなにいさんが持ってるのはAS Valなのでは? とコッソリ指摘してみます。
武器にしろ迷彩にしろ、入手先が激しく気になりますね。
Posted by LC at 2008年08月13日 11:32
こんにちは。


私の調べ物はGoogle先生のほぼ一択です(^^;
かなり優れた検索システムです。

特定の画像アップロードサイトなどはあえて見ないようにしています。
やっぱり初見の画像とかがあったほうが面白いかなーっと。

とは言っても、私が外国で写真を撮ってきてるわけじゃないんで
結局は世界の誰かの画像を転載しているだけなんですが、ウェブの
構造上そういう風に情報が拡散するのが面白いと思ってます(^^


知識的なものも、海外ニュースサイトなどをいくつか照らし合わせて
私的に正確であろうと思うものをピックアップはしてますが、推測も
多分にあるので要注意です(^^;
そこは実際に近い情報を持っている人が指摘してくれればいかなと。


チェチェンフラッグの写真、VSKじゃなくてValですね(^^;
こういう間違いはよくします。あまり考えず文章を書いている典型です(^^;;
Posted by 明日香太郎 at 2008年08月13日 12:10