※2014年4月よりの消費税率改定により、商品価格の改定を行わせてもらいます。
過去の記事の表示価格とのズレが生じます。予めご了承下さい。

twitterとミリブロ記事が連携してます
(http://twitter.com/@AsukaSewingKA)

2007年04月03日

チェチェンウォー2

ロシア 第二次チェチェン侵攻


(GoogleImage "chechnya")

アフガニスタンや第一次チェチェン侵攻の教訓を生かし、米軍的な火砲や航空機による空爆
による攻撃を多用しています。
しかし、携行SAMがチェチェン独立派民兵・義勇兵に普及しており、ロシア軍の航空機
特にヘリコプターがかなりの数撃墜されています。
しかも噂によるとアフガニスタン侵攻時に供与されたものではなく「新品のスティンガー」が
独立派に広まっているとか何とか。これまたCIAの対ロシア工作なのかもしれません。



(YouTube "chechen")

自走砲や航空機で徹底的に攻撃した後に、歩兵部隊を街に入れます。
ガンシップとして主力はやはりMi-24です。途中、機種右側に装備している30mm砲を使用
している場面もあります。他、翼下にロケットやガンポッド、機内に爆弾倉を持つタイプもあるようです。

上記動画のジェットはSu-25攻撃機で、亜音速機ですが回転砲身(リボルビングチャンバー?)
の30mm砲に加え、翼下にもロケットや爆弾など大量に搭載可能です。米軍におけるA-10の位置づけです。


一般的な戦闘の場合、航空機や火砲による空爆にまで至るとその地域の敵部隊は降伏します。
しかし近代戦争に多い宗教・民族紛争の場合は様相が違います。

宗教的、民族的に追い詰められた兵士(民兵)にとってはまさに亡国の危機であり、
降伏したところで生きて恥を晒すという考え方は特にムスリム(イスラム教徒)は持たないようです。
こういった宗教心・意思の強さこそ欧米・ロシアの最も恐れる部分であり、もしこのような
国家が技術・国力面で近代国家となれば列強の脅威となる事必至です。




明日香縫製雑貨店

To foreign customer,please access to KABUTO online shop.
They will reply your order soon in English.
(http://kabutojapan.com/)



シャルワールカミース、シュマーグ、その他民兵装備、縫製装具製作販売。







ポリスVSギャングのイベントです『LE祭』!!!

同じカテゴリー(War)の記事画像
チェチェンウォー
同じカテゴリー(War)の記事
 チェチェンウォー (2007-03-27 12:33)

Posted by 明日香太郎 at 23:37 │War